SNSによる情報操作問題とは

MENU

SNSによる情報操作?

 

せふれ画像

SNSによって流された報知はまたたく間に、皆に拡散していきます。そうなってしまうと、間違った報知を出されてしまった人間は一大被害を被ることになります。その事案が気に入らなかっただけで、奴や社にけがを与えてしまうとしたら、極論、デカ出来事と言っても良いくらいになる。今の見本は、極端な見本かもしれませんが、こういった情況が起こってしまう懸念を秘めることは間違いありません。

 

それがふさわしい報知ならば、何の面倒もないのですが、誤った報知であった実態、一大事態になってしまうこともあります。それが、人の内密に係わる場合もあるので、SNSはこうした危険性があることも頭に入れておかなければなりません。では、誤った報知を盲信にしないようには、どうしたらよいかというと、新聞紙やマガジンの報知を敢然と見ておくことが大切です。例えば、ある出来事に対して自分が気に入らなくて、間違った報知を意図的に流したとする。

 

せふれ画像

その報知のことが明らかに噂だとわかる奴は問題ないのですが、本気だと思って、さらに報知を拡散してしまったとしたら、間違った報知がふさわしい報知として認識されてしまう可能性もあります。

 

新聞紙やマガジンはきちんとした取材を基にした報知なので、信頼性が高いのです。SNSの報知は、きちんとした取材をしたわけではなく、自分の内面のみで送付された報知という可能性があるので、真実味は高くはありません。報知を発信することはフリーですが、それを無意味に伸展させる必要はないと俺は考えています。伸展させないことによって、誤った報知はその場だけでとどまることになり、見えることはありません。