今ドキ女子はSNSで出会ってる?!

MENU

今ドキ女子の出会い方

 

せふれ画像

恋愛先方として意識しているロマンスと語学をする際には、つい「楽しいコメントをしなくては」と気負ってしまう。議論が得意なダディーの例、そういった「同調やりとり」はある程度嫌悪に映る方もいるでしょう。しかし、実際には言い出し賢明の個人よりも、「聞き上手」な人のほうが、モテるといわれています。 なんで話し賢明よりも、聞き上手のほうが相手に好かれるのかというと、それは「同調されている」という五感を、達することができるためです。

 

せふれ画像

「いいね」あるいは「ライク」などのハイパーリンクを他者に押して貰うため、「あたしは理解されている、繋がってる」という潤いをとれるのです。心学においても、モチベーションを共有することはどうしても重視されてあり、たとえば相談役などは、「いかにして患者のコメントを引き出すか」を絶えず考えるといわれています。奴にとって、「同調受ける」というのは結構ポイントであり、たとえばネットのTwitterなどにも、そのカテゴリーがみられます。

 

先方をリラックスさせて、思っている実例、感じていることを諺にもらい、それを認めるため、きずなが築かれていくのです。 「自分の話を聞いてほしい、共感してほしい」という欲望は、男女の性別を問わず、誰にでもあるといわれています。ただ、「同調しやすい」あるいは「共感していらっしゃることを上手に表現できる」という点においては、奥さんのほうが得意なことが多いようです。奥さん同士のやりとりでも同調は非常に重視されますから、こうしたカテゴリーが出るのかもしれません。

 

しかし、「共感してもらえる」実例の潤いや喜びは、誰にでもあるものです。先方の立場にのぼり、心地を理解してあげるということは、きずなのスタートといえるでしょう。