女性との会話が苦手な人でもこのポイントさえ抑えれば絶対にモテる!口下手でも女性から一緒にいて楽しいと思われるたったひとつの方法があります!

MENU

女性との会話が苦手な人でもこのポイントさえ抑えれば絶対にモテる!口下手でも女性から一緒にいて楽しいと思われるたったひとつの方法。

女性にモテたいと思ったら、普段のあなたの会話を見直すことをおススメします。会話が全てなんです、あなたの印象は一変しますし、人間性もその評価も根底から変わります。

 

例えば、女性から「今日こんなことがあってさぁ〜」と告げられたとしましょうか。あなたならどう応えますか?「そうなんだ」「すごいね」こんなふうに会話を終わらせてませんか?「でさぁ、この前いってた話なんだけど・・」などと話題を自分の興味のあるものに変えていませんか?相手の話をろくに聞きもしないで、すぐに自分の話に持っていってしまうような男性に、女性は一切振り向きません

 

それどころか、なんて退屈でつまらない人なんだろうとレッテルを貼られてしまいます。そうなっては付き合うどころか、連絡も途絶えてしまうことにもなりかねません。一体どうすればいいのでしょうか?

 

 

退屈でつまらないということは、魅力がないのと同じ。その人に魅力がなければ、どんなイケメンでもモテることは有り得ません。芸人みたいに、話が面白くなる必要はないんです。重要なのは“一緒にいて楽しい”かどうかなんです。どんなに面白い話をする人でも、一方的に自分の話をし続ける人に女性が興味を示すことはないんです。

 

それよりも、「今日こんなことがあってさぁ〜」と口にしたとき、「へぇ、すごい!そんなことあるんだ。」とか「マジですごいじゃん!そんなことホントにあるんだね、ビックリしたわ!」少し大げさに感じるくらいのリアクションで女性の言葉に共感することが、一緒にいて楽しい!と思わせるのに効果絶大なんですよ。

 

 

とかく女性に慣れていない男性は、会話が冷えるのを恐れて、際限なくしゃべり続けることが多いようです。それは余裕の無さの表れであり、場数を踏んでいない底の浅さも露呈してしまいます。何より、女性は自分自身との共感を求め、そこに安らぎを感じて好意を育てていく傾向が強いものですから、聞く態度が皆無な男性に惹かれることはほぼないといっていいでしょう。

 

「それは大変だったねぇ」「しんどかったでしょ」「大丈夫?」「よくがんばったねぇ」「すごいよ!」「それわかるぅ〜っ」こういった共感の言葉を常に用意して、事あるごとに女性にかけてあげることが、とても大切なことなのです。いわゆるリアクションの濃さや多さが、女性との共感を得る大きな要因になっていることを認識してください。

 

決して知ったかぶりしてアドバイスなどをしてはいけません。そのようなものを女性は求めていないのです。ただひたすらに共感に徹して、女性の気持ちを引き付けることに専念するようにしましょう。