彼女から「会いたい」と言わせる魔法のLINEテクニック

MENU

彼女から「会いたい」と言わせる魔法のLINEテクニック

男性のほうから積極的にアプローチしていくのは、恋愛の常道です。しかし、しつこ過ぎると判断されたら大変ですよね。

 

押すこともあれば引くことも身につけなければならないでしょう。
そういう駆け引きの中で、もし女性のほうから「会いたい」と言わせられるようなテクニックがあるとしたら、是非マスターしたいものです。

 

ここでは、気になる女性を自分のほうへ振り向かせるのに有効なLINEテクニックを、ご紹介しましょう。

 

直接会って伝えたいことがあると書いてみる

男性とLINEのやり取りをしているときに、いきなり「会って伝えたいことがあるんだ。」と送られてきたら、驚かない女性はいないでしょう。

 

若干ミステリアスな空気も流れますし、ドキドキワクワクしてしまう人も多いのではないでしょうか。

 

伝えたいことを全てLINEで書いて送ってしまわずに、会う約束を取り付けるだけにとどめておくテクニックは、大変有効です。

 

相手の好奇心は膨らみますし、私も会ってみたい!と思ってくれるようになるからです。

 

ツライことがあったと書いてみる

元気がない理由を、ツライことがあったせいにして、そこでLINEを止めておくようにします。

 

女性はどんどん想像を膨らませることになり、いったいどんなツライことがあったのか知りたくなってきます。

 

ツライことがなかったとしても、こういう素振りを男性が見せると、女性は気になって仕方なくなるのです。たぶん、母性本能がくすぐられるからでしょう。

 

直接会って聞いてみたいと思う気持ちが相手の中に芽生えたら、それが恋愛感情に切り替わっていく可能性が出てきますよね。

 

続いていたやりとりを止めてみる

お互いが気持ちよくLINEのやり取りを応酬しているときがありますよね。そのときに、あえてこちらからやり取りを止めてみてください。

 

当然相手の女性は、あれれ?と思うでしょう。何かマズイこと書いちゃったかな?とか、どうしたんだろう?とか、想像を膨らませるより他にできなくなります。

 

その状況が長く続くと、女性は自問自答で苦しむことに。解決策として思いつくのは、女性のほうから連絡を入れて、会うという行動に出ることでしょう。

 

女性の中で、その男性が大きくなっていくきっかけになりそうですね。

 

撮影画像を送る

いつもなら会話に終始するのに、今日は違うことをしてきた!とインパクトのある印象を与えることができるのが、画像の送付です。

 

スマホで撮影した画像を送ることなんて、簡単なことなんです。美しい景色や子犬・子猫などのかわいい動物などを送ってみましょう。

 

こういうものを見て癒されている人なんだ!という目で、男性のことを見るようになります。

 

それが何度も重なれば、美しい画像の評価がそのまま男性への思いに変わっていくかもしれません。充分にその可能性があるのなら、やってみる価値はあるといえるでしょう。